独身のときは自分だけの希望だけで仕事を探すことができます。

若い頃というのはとかく自分よがりで仕事を選びがちです。

学生時代はデザインの勉強をしたので、
その知識を生かしてデザイン関係の会社の仕事を探します。

しかしなかなか思うような仕事に就けないことを実感し、
だんだん妥協して給料がもらえるならと割り切って仕事を探すようになります。

しかし、産後 仕事探しはもしもの時を考えなくてはいけません。

それは子供がいきなり熱を出した時に早退は出来るのか、
子供の行事にはお休みをもらえるのかなど、子供の事も考えなくてはいけません。

勿論、周囲に協力してくれる人がいれば良いのですが、
手助けがない場合は自分で対処しなくてはいけません。

仕事探しをしていて面接を受ける時には
このような事をきちんと確認しておかないと後で揉める事にもなりますし、
せっかく見つけた仕事なのに途中で辞めなくてはいけなくなってしまうので
気をつけなくてはいけません。

子供がいるという事で働くスタイルも変わっていくのではないでしょうか。

それは仕方のないことと割り切るしかないのです。

でも可愛い我が子のために自分が頑張る姿を見せることこそ、
この子の将来にとってきっと役に立つと思える日が来るに違いありません。

関連記事


    私は現在母子家庭、なんとか仕事をさせていただいています。 私は以前、定期清掃の仕事をした経験があります。 定期清掃というのは特殊な機械を使って、 汚れた床などをピカピカに磨き上げる掃除の事です。 この…


    中高年のパートは条件が良くないので、 他の世代では働き手がいない職種が多いです。 重労働の割には時給が安くて、 妥協をした仕事探しをしたほうが良いのか迷ってしまいます。 好条件の中高年パートは、 一体…