私は現在母子家庭、なんとか仕事をさせていただいています。
私は以前、定期清掃の仕事をした経験があります。

定期清掃というのは特殊な機械を使って、
汚れた床などをピカピカに磨き上げる掃除の事です。

この仕事を選んだ最大の理由は、時給が良かったからです。
ただ実際に仕事をやってみて、時給が高い理由が良く分かりました。

新人には雑用しかやらせてもらえませんから、
機械の搬出入をさせられます。

この機械がとても重く、
運ぶのにとても苦労させられます。

また床を掃除する時に邪魔になる物品も移動させなくてはなりませんから、
そちらでも重労働を強いられるのです。

ここまで言うととても女性の仕事ではないように思えますが、
結構私は女性でもスポーツをやっていたおかげで体格は男性並みにあります。

そのせいで仕事も男性並みの体力的な仕事を好んでやってきました。
性格的にもその方が仕事してる感があって好きですから。

定期清掃のお仕事もとても普通の女性ではやりませんよね、
一緒に仕事した男性も驚いていたくらいですから。

これだとなんかすごく嫌な仕事のように思えますが、
汚かった床が機械に因ってピカピカに仕上がるのを見ていると、
とても楽しいと思え、やりがいがある仕事だったなと今でも思っています。

母子家庭であるかないかよりも、その仕事が出来るかどうか、
出来る仕事なら何でもやる、その覚悟が母子家庭 仕事だと思っています。

関連記事


    独身のときは自分だけの希望だけで仕事を探すことができます。 若い頃というのはとかく自分よがりで仕事を選びがちです。 学生時代はデザインの勉強をしたので、 その知識を生かしてデザイン関係の会社の仕事を探…


    中高年のパートは条件が良くないので、 他の世代では働き手がいない職種が多いです。 重労働の割には時給が安くて、 妥協をした仕事探しをしたほうが良いのか迷ってしまいます。 好条件の中高年パートは、 一体…