おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。
一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査がありこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。
スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

以下参照
リボ払いはおまとめローンできる?危険なの?【おまとめ支払い】

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。
通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。
利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。
銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。
現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。
おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。
必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。
現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。
収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。
収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。
おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。
自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。
web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。
web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。
web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。
おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。
月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。
返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。
一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。
ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。
おまとめローンの審査でつまづいている人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。
一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。
年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。
勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。
おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。
おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。
おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。
おまとめローンを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。
現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。
消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。
住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。
そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。
借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。
おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。
更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。
埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。
限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。
銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。
申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。
限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。
おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。
一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。
両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。
一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。
両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。
何件もの金融業者からお金を借りていると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。
借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。
カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。
しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。
でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

関連記事


    ジャパンネット銀行カードローンは、あると何かと便利に使える物です。 ネットからですと、いつでも手続きが可能ですし保証人・担保も不要という所がほとんどですのですぐに利用できる便利なローンです。 審査基準…


    カードローンはすっかり私達の生活には無くてはならない存在になってきましたが、まだ一度も使った事がないという人にとってはまだ少し不安が残る存在かもしれません。 昔はサラ金などがあって色々な悪い噂を聞き…


    借金と聞くとあまりいいイメージがありませんが、もちろん悪いこととは限りません。生活をより良くするために、夢を叶えるために、楽しい思い出を作るためになど、多くの前向きな事のために借金をするケースは多々…