気になる情報が詰まったサイト・・グリーン 周り アプローチ

ゴルフ スイング アプローチで意識を変えることについて紹介しています。

グリン周りの状況別アプローチ方。
今度は左足下がり。たぶん皆さんが一番苦手とされているライかも知れません。
苦手なポイントは一番はボールが上がりづらいこと。
ですから最初からボールを上げることを諦めて、
どこにぶつけてそこから転がし上げるというイメージがあると意外と成功しやすいんですが、
なかなかそれでもラフの深いところで転がすのは難しいです。
ですのでじゃあ何か打ち方をひとつ覚えることで、
こういったライからクリアできるのかというところをご伝授したいと思います。
まずは傾斜に対して広くスタンスを取って、
傾斜と平行になるようにまずスタンスを取ります。
このあと本来のように胸を左右に向けていくという動かし方でいいんですが、
そうするとやはり右足が高い分やはりまだダフる危険性があります。
必ずらボールをグリーンに打っていきたい。
そうなったときに助かるイメージがひとつ、
ここでシーソーのイメージ、肩がバックスイングでは左肩が落ちて、
今度フォロー方向では右肩が落ちていく、この動きを積極的に活用します。
ダウンスイングで右肩が落ちたら、
逆にダフるんじゃないのかというふうにイメージされる方も多いですが、
腕とクラブを身体の正面に固定して、
このままバックスイングで左肩を下にインパクトフォローでは右肩を下に、
ということは右肩が下がってきたときにはクラブはもう動いていることになります。
ですから右肩が落ちたからと言って
クラブがボールの手前にダフると言うことは関係して起こりません。
ですから積極的にシーソーのイメージでクラブを振ってみてください。
広いセットアップで確実にグリーンにボールを捉えていく。
左足下がりこれをまず一番に習得したいところです。

関連記事


    ゴルフ スイング アプローチで意識を変えることについて紹介しています。 詳細: ティーショット、セカンドショットと成功してグリンまわりにやってきて、 ここから大きくスコアを崩してしまう方がとても多い…


    東京ダンスヴィレッジはは池袋にあるダンススクールですが、 ここは初心者が多いことでも有名です。 参考: 東京ダンスヴィレッジ 口コミ 初心者が多いため、そういった人たちのためにレベルを設定しているわけ…