以前は空き地だった場所に、太陽光発電が設置されているのをよく見かけます。
私は、太陽光発電所を自分が持っている土地に作りたいと思っています。
所有している土地は雑草が生えて空き地のまま放置されていました。
空き地にしておくのはもったいないから何か活用できないかと考えていました。
数年前から太陽光発電所を見かけることが増えたので、太陽光発電所を作ったらいいかもしれないと感じました。
太陽光を利用して発電できれば、エコですし、地球にも良い影響を与え一石二鳥だと思いました、しかし、業者の担当者に相談すると、簡単に設置できるわけではないと教えてもらいました。
そこで、法律を聞いたり調べたりしてみました。
主な法律として、建築基準法と、電気事業法があるようです。
また、改正FIT法として、平成29年4月から、太陽光発電の法律が変わりました。
法律に違反をすると、最悪の場合、運用停止になってしまうので、新しい法律を理解する必要があります。
今までの太陽光発電に関する法律は、未来のことをあまり考えていなかったようです。
今回改正された部分は、太陽光発電を作ったその後、20年先のことを事業計画書として記入し提出をする義務があるようです。
おそらく、世の中にとってよりよい法律へと改正されていくことだと感じます。
私はもう少し勉強し、太陽光発電所を設置できるよう頑張ります。

太陽光発電を設置するために知っておきたい法律について詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
太陽光発電 法律

関連記事


    これから自宅の電力を太陽光発電にしたいと思っている方も多いかと思います。 ですが、実際に自宅を太陽光発電にしようと思った時に大事になるのが発電効率です。 これがはっきりしない段階で自宅を太陽光発電にし…


    東北大震災での福島第一原発事故以降、自然エネルギーが見直され、特に太陽光発電については国の助成金などの制度があり、一時期は至る所で太陽光発電の工事を見かけていました。 その後、数年して太陽光発電の買い…


    電力自由化によって、電力が安くなるといった期待が寄せられていますが、それと同時に海外の事例のように民間の事業者が破産をすることや、供給が滞ってしまったりするようなことをさせることなどにより電力が来なく…