コンブチャクレンズを使用したファスティングを行う方法とは、簡単に言うと断食です。
しかし、まるまる一週間といったような長時間の断食ではなく、3日間のファスティングという形で行います。
ファスティングを行うことで脂肪燃焼が活発になるのは3日目からで、健康的にファスティングするにはベストな期間だと言われています。
さらに、全部ふくめて3日間で終わらせるということではなく、準備期間、断食期間、復食期間にそれぞれ3日間かけます。
つまり、1回のファスティングには9日間の期間が必要なのです。
まず「準備期間」ですが、これを設ける理由として、消化器官を休ませること、急激な体調不良を避けることの2つが挙げられます。
消化器官に負担のかからないメニューをファスティングが行われる3日間の間で段階的に取り入れていきます。
メニューを取り入れる際に大切なことは、消化に良い食べ物を意識的に取り入れることです。
豆、ゴマ、わかめ、野菜、魚、しいたけ、芋などが挙げられます。
メニューとしておススメなのは「おかゆ」です。
少量でありながらお腹がふくれますし、玄米を使えば食物繊維を摂取することができるので満腹感を得られやすいからです。
食生活の他に、体を動かしておくことも大切です。
ファスティング期間中は体力が低下するため、思うように体が動かせなくなるので、事前に体を動かすことで、代謝も上がって脂肪が燃えやすくなります。
コンブチャクレンズには脂肪燃焼をサポートしてくれる燃焼系アミノ酸やミネラルが含まれているので、体を動かすとよりダイエット効果が期待できます。
準備期間が終えたら「断食期間」に入ります。断食期間で口にしていいのは、水とコンブチャクレンズのみです。
まず、朝に水を200から400mlほど口にします。これによって代謝を良くすることができ、身体の機能を気持ちよく目覚めさせることができます。
そして、朝昼晩と1日3回コンブチャクレンズを飲むことです。ファスティングを行っている最中に体がふらついたり、気分が悪くなってしまうことがあります。これは「好転反応」と呼ばれるもので、コンブチャクレンズに含まれている酵素の働きによって不要な毒素や老廃物が排出しようと何らかの形で一時的に体調の変化を感じやすくなるものです。
断食期間が終わったら「復食期間」に入ります。復食のメニューもおかゆなど消化の良いものから少しずつ口に入れることが大切です。
ここで、いきなりドカ食いをしたり、一気に元の食事に戻してしまうとせっかくのダイエット効果を台無しにしてしまいます。
断食期間によって体が飢餓状態になっているので、エネルギーを蓄えて脂肪を取り戻そうとしている状態なので、一気に食べる量を増やしてしまうと、体重増加にもつながってしまいます。正しくファスティングを行うことで、ダイエット効果をより高め、実感することができると言えます。

コンブチャクレンズについて詳しいことを知りたい人はこちら!↓↓↓
コンブチャクレンズ ファスティング

関連記事


    コンブチャクレンズをこれから飲み始める方、 まだ購入を悩んでいる方にとっておきの情報です(^_-)-☆ コンブチャクレンズの失敗しない飲み方を ご紹介していくのでしっかり覚えておいてくださいね! まず…


    クレンジング酵素0でファスティングをしても効果なしと言う声があります。 ところが、使用方法や使用頻度、またファスティング前後のステップによって、それぞれの違いが出ていることが分かります。 ファスティン…


    コンブチャクレンズは飲むだけでダイエットや美容に効果的と言われていますが、 どのように飲めばいいのでしょうか?? おすすめの飲みかたや方法を口コミも含め調べてみました。 1日にどのくらい飲めばいいの?…


    コンブチャクレンズを飲んでみたいけど味が心配!という方もいると思います。 私がおいしいと言っても個人差があると思うので、口コミを調査しました( `ー´)ノ ダイエットにも美容にもいいコンブチャクレンズ…


    ダイエットを試みようと思って食事制限したり運動を行ったりしますが、それでもなかなか痩せないといったジレンマに陥ることもよくあります。 なかなか痩せにくい原因にひとつは毎日絶え間なく動いている内臓機能が…