外壁塗装を行う際に、使用する塗料には様々な種類があります。
]塗料に含まれています主成分が、それぞれ違ってきます。
シリコン樹脂やセラミック、遮熱塗装など様々な塗装がありそれぞれ特徴があります。
そんな塗装を行う際に使う塗料には、フッ素樹脂を利用したものがあります。
今回は、そのフッ素樹脂を利用した塗装について、特徴などを紹介したいと思います。
フッ素樹脂は、一般的に外壁塗装で利用されているシリコンよりも、上のグレードのものとなります。
フッ素樹脂は、耐久性が高いという所が特徴となっています。
外壁塗装で、外壁と屋根の両方に使用することは、あまり無く、屋根だけフッ素樹脂を利用した塗装をすることが多いです。
フッ素樹脂の主な特徴は、汚れを弾きやすい非粘着性・酸性雨に強い耐薬品性・汚れなどが滑り落ちやすい低摩擦性・紫外線に強い耐候性の四つです。
一般的なシリコンに比べ、フッ素樹脂は値段も高くなってしまいますが、耐久年数などが長く15年から20年程度です。
このように、フッ素樹脂は、様々なものに耐久性を発揮します。
外壁塗装をする際に、フッ素樹脂を利用した塗装をすれば、しっかりと大切な家を守ってくれます。
外壁塗装をする際は、フッ素樹脂を利用した塗装を検討してみてください。

外壁塗装について、こちらにも書いてあるので参考にしてください
⇒ 外壁塗装 フッ素樹脂 塗装

関連記事