飲む日焼け止めの特徴は、全身に日焼止め効果があるということ。
塗るタイプの日焼け止めでは塗り忘れてしまう部分や、塗る日焼止めではカバーできなり頭皮や目、唇にも効果が及ぶ点です。

唇には、UVのリップクリームもありますが、時間が経つと落ちてしまう部分でもあこまめに塗り直しが必要です。

また、塗る日焼止めでカバーできる部分であっても、紫外線防止効果を保つためには、2~3時間おきには塗り直しが必要です。

国際SPF試験法では、皮膚1平方センチメートルあたり2mg塗る必要があるといわれているので、顔だけでもかなりの量を塗らないと完全に紫外線を防御することができません。

なので、紫外線に強い肌にするために、飲む日焼け止めで体の内側から日常的にケアし、日差しの強い屋外で長時間紫外線を浴びる時には、塗る日焼止めの併用することで紫外線対策をすることが万全な対策だと思います。

ホワイトヴェールについて、私はここを参考にしました⇒ホワイトヴェール 口コミ

関連記事